2018年4月29日日曜日

ギウアーニ サペラヴィ+カベルネ ロゼ


最近話題のジョージアワインです。むむ??ジョージアって
アメリカのジョージア州??→い~え違います^^日本から
西にすすむと、中国→キルギス→ウズベキスタン→トルクメ
ニスタン→アゼルバイジャン→ジョージアとなりますね。

東をカスピ海、西を黒海に挟まれた中東の国ですね。

少し前までロシアが統治してました。その頃はグルジアって
呼ばれてた地域です。ジョージア国の主要民族であるカルトヴ
ェリ人の多くはロシア語由来(異説あり)とされる「グルジア」
の呼称を嫌ってるので、民族感情を鑑みてワインのインポーター
がジョージアワインと呼ぶようになったそうです。

勝手なイメージなんですが、ジョージアワインって2000円を
越えてる、ちょいと高級な価格帯だと思い込んでまして、目を向
けてませんでした。

しか~~し、探せばあるんですよね、当店向きな価格帯のヤツが。

税込み1300円なら、仕入れなきゃ!ですよね^^

で、とりあえず仕入れまして、自炊に合わせてみましたら、これ
が、なんとも爽やかでウマイんですよ^^

香りは、イチゴやリンゴの香りがいり混じってます。なんでしょう
身近なところでは、ピノノワールっぽいですかね?

口に含むと、少しの青っぽさが、上手にエレガントさを演出してく
れてます。例量感とアセロラやラズベリーなんかの甘酸っぱさも感
じられます。

合わせたのは、特濃トマトジュースとスライスした玉ねぎをソース
のベースにしたピザです。メインの具材は、鶏ホルモンです。ホル
モンと言っても、しっかりとした処理をしましたので、癖のない味
でしたけどね。トマトと玉ねぎの甘さと酸味がとても合ってました。

ピザ以外でも、唐揚げや、春巻き、中華味の炒め物なんかに合いそ
うですね。













0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ