2019年3月8日金曜日

野菜の青っぽさを旨味に変える隠し味

↑いつも食べてる野菜が主役な炒め物の調味料です。

元々のベースになるのは、得損で紹介された中華の女性シェフ五十嵐美幸さんの「青梗菜炒め」です。元ネタですと、中華出汁を使うんですが、52歳の老朽化した胃袋では、化学調味料がシンドイんで、かなりアレンヂして使っています。

野菜を主役とした料理は、私見ですが、いかに野菜の持つ青っぽいエグみを旨味に変換するかがメインテーマだと思うんですよね。

青っぽさを相殺して、美味しさに変換する隠し味が、タバスコハラペーニョソース、カレーパウダー、黒酢なんですよ。

この3つの調味料は、単体ですと主張が強く、いかにもカレーですよ~とか、タバスコでっせ~辛いでしょ的な味わいになりますよね。

でもでも、あら不思議。3つが混ざり合って、緑の野菜のエグみと出会い、長めの加熱を経ると、それぞれの味わいの境界線がなくなり野菜の青っぽさを美味しさに変換してくれるんです。

26センチのフライパンいっぱいの量がベースになります。

ハラペーニョソース⇒ひとふり
カレーパウダー⇒こさじ1/8
黒酢⇒大さじ1~2

ハラペーニョソースは、ひとふり以上使うと、辛さが前に出過ぎるんで、ひとふりだけにします。ちなみに、ひとふりだけでも、食後に舌の根元に少しに山椒を食べたような痺れが感じられます。この時点で「ハラペーニョなのね」と気づく感じです。

カレーパウダーは、使う野菜がほうれん草や、小松菜なんかの緑の主張が強い物であれば量を増やしますし、キャベツや白菜が主役ですと、使う量を減らすようにしています。ポイントは、カレーっぽいターメリックの味わいや、黄色い色合いが出ないようにすることですね。

黒酢は、カレーパウダーが多く入れば多く、少なければ少なく、カレーにリンクして調節しています。

私見ですが、野菜料理の美味しさのポインントは、シャキッとした瑞々しさと、青っぽさを、いかにして旨味に変換するか、だと思っています。

野菜の柔らかな葉っぱ部と硬い軸を、同じ皿の中でアルデンテで仕上げるヒントをくれた五十嵐シェフに感謝です。

青っぽさを旨味に変換する隠し味、お試しくださいませ^^

➡元のページに戻る

2019年2月21日木曜日

オウンドテスト控え

実は、瓶ビール価格と業務用樽の価格が、3月1日から
上がるんですよね~これは、お買い上げ下さっている
お客様へ個別に対応させてもらいました。
値上げの理由は、瓶や樽の再使用に伴う洗浄などの人
的コストの上昇が背景にあるとの事です。
3月1日からアサヒビールが、4月1日からそれ以外のメ
ーカーの瓶ビール、業務用樽の価格があがります。

缶の商品については、これまでの価格と変わりません
ので、ご安心くださいませ。

ビールに合うおつまみクックパッドです。

↑そこそこ使えるレシピ、ありますねぇ~大文字屋の

レシピより断然作りやすいし、是非どうぞ

ちなみに、大文字屋の餃子は、と言うと、ワインに寄せ
まくったレシピにしております。
合わせてるワインは、アルゼンチンのシラーズです。
↑スパイシーな香味のワインです。餃子と合わせるなら、
餡にしっかりした味付けをして、黒胡椒を多めにかけて
食べてみてください。ナルホドね~ってなりますし^^
これ、いきなりボトルで買うのは、きが引けるぅって方
は、烏丸七条西入南側、パチンコ・キングの駐車場の隣
昭和な香りの飲み屋街「リド飲食街」のじじばばDOSさ
でグラスワインとして売ってもらってます。
ワインと合わせること前提のフードばかりです。当たり
前ですが美味いですし、かなり流行っております。
「じじばばDOS」さん詳しく

・・・・・・・・・・・・・・・

最近、少しずつではありますが、ワインをお買い上げ
下さる方が増えてまいりました。嬉しい限りです。
当店の品ぞろえの一番のポイントは、売ってる酒屋が
自分で買うか、否かです。ホント、ここに尽きますね。
なんでって、自分が買いたくないワインを、美味しいで
すよ、ってオススメできるわけないじゃないですか。
そのため、当たり前の事なんですが、店内全てのワイン
を飲んでから販売しております。
この価格で、この味わいなら、自信を持ってお勧めでき
る。そんなワインだけを揃えております。

↑こちら、店内レジ横のコスパワインをまとめていると
ころです。ここには、主に1000円以下のスクリューキャ
ップで気軽に飲んでいただけるワインがまとまってます。
左のカウンターに載ってるワインは、新たに加えた南ア
のワイになります。

↓通販サイト↓にリンクしております。
マン ピノタージュ 1250円(税込1350円)
マン カベルネソービニオン 1200円(税込1296円)
ロバートソンシラーズ 1200円(税込1296円)

このシリーズですが、どれもしっかりした味わいのワイン
になってます。まさに、コスパワインってとこですね。

その他のコスパワインは、こちらです

前回のちらしにも書きましたが、再度。

大文字屋のワインをセレクトする基準って
それ、自分の財布からお金を出して買いますか?
これに尽きますね。だって、自分が買いたくないワイン
って、オススメできないじゃないですか^^

その次に、自分勝手な基準で、とにかくゆずれないのが、
水っぽいシャバいワインは、安くても絶対仕入れない
もう値段じゃないんですよね。水っぽいワインって、
300円でもイランです^^

その次が2000円を大きく超えるワインは扱わない
だって750mlの液体ですよ~いくら超絶美味しくっ
ても、そんなに払えません。
なので、1600円くらいが扱うワインの限界でしょう

ね。安いのは、水っぽくなければ、積極的に仕入れてます。。

そうそう、当店、お手頃価格のワインに特化した通販サイ
トを運営しております。スマートフォンでも無理なく見て
いただける仕様にしておりますので、是非一度ご覧くださ
いませ。

さて、ワインがなぜネット通販と相性が良いかと言います
と、伝えられる情報量が無限大であることが一番の理由じ
ゃないかと思います。

大文字屋は、昼食を酒屋の店舗で自炊しております。その
理由は、ワインの販売において、料理の知識があった方が
色んな面で有利だからです。初めは、何となく作ってまし
たが、継続はチカラなんでしょうか。次第に趣味的な楽し
さを感じるようになってきました。

↑こちら当店通販サイトです↑

商品説明ページには、試飲している様子や相性の良いお料
理のレシピが載っております。ご来店いただいた時に同じ
内容の商品説明ができるか?と聞かれると、抜ける所もあ
りましょうし、文章と画像を見ていただけるので、ワイン
の味わいや、フードの相性も、より深く理解下さるかと。

実際、ご近所の方でもネットでご注文下さる方が少しずつ
増えてきたように感じます。

ご近所のお客様も、お気軽にネット通販、ご利用ください
ね~絶対、大文字屋に行って買うより、買いやすいと思い
ます。

↑例えばこちら、フランスはボルドーのワインです。この
ワインは、インポーターの資料から、価格と味わいのバラ
ンスが良さそうなので、とりあえず一本だけ仕入れて自分
で料理を作って合わせてみて、美味しければ、価格と見合
った味わいであれば、本格的に仕入れようと考えました。

合わせたのは、コストコのリブフィンガーという牛の肋骨
の間のお肉です。焼肉屋さんだと中落カルビなんて呼ばれ
たりする部位ですね。これをメインにした味噌味の野菜炒
めを作りました。


↑お料理詳しくはこちらを参照ください↑

赤ワインとの相性を考えた場合、牛脂の焦げた香ばしさと
甘さ、ピーマン、ニンジンの青っぽいニュアンス、最後に
かける、ミルから出した挽きたての黒胡椒、これらが、ボ
ルドーの赤ワインとの距離を詰めてくれます。
相変わらずの手間と時間の無駄遣いなレシピですが、ワイ
ンとの距離感を詰めるには最適な調理法なんでぜひ^^

当たり前ですが、神吉ゴハンもススミますよ~

上の料理と相性の良いボルドーワイン的な味わいのワイン
まとめています。 このあたりで、いかがでしょ??

・・・・・・・・・・・・・・・

少し脱線ですが、51歳男性は、50歳を迎えたころ、髪質
が突然猫っ毛のように柔らかくなり始めたんです。
学生時代から40代後半までは、剛毛で寝癖が全然取れない
ナンギな頭髪だったんで、柔らかな髪質は、大歓迎で、すぐ
にセットがキマると喜んでおりました。
あるとき、洗顔を終えて鏡に映る前頭部を見て衝撃が走りま
した!地肌が透けてきております!髪質が柔らかくなったの
は、髪の毛が細くなったからだったんですね。あわてて頭髪
のボリュームアップに効く食べ物をググリますと、卵黄が良
いとの事です。 育毛に効く食品ランキング


上の育毛に効く食品ランキングで一位だった玉子を、毎日2
個ずつ目玉焼きにして食べております。これが、偶然にも
ワインと非常に相性が良いんですよね。食前にミルから出
した挽きたての黒胡椒をかけると、赤ワインとの相性が飛
躍的に良くなります。

白ワインはと言うと、挽きたての黒胡椒特有のフルーティさ
を感じる香りから、柑橘系の香りを持ったシャルドネをはじ
めとする白ワインとも相性がいいんですよね^^

頭髪のボリューム問題は、とっくに解決済みなんですが、ワ
インとの相性が良くて、結局毎日焼いては飲んでを繰り返し
ております。
頭髪のボリューム以外にも白髪が目立たなくなってきまして、
ちょっとイイキブンです。
ただ、ナンギな事に、しっかりした寝癖も復活しまして朝の
セットが煩わしくなったのと、食べ始めたころは、頻発する
オナラに悩まされてましたね。このごろは、身体がなれたの
か、そこまで屁こき虫ではなくなりました。でも、絶対、オ
ナラが頻発しようと、頭髪のボリュームには、代えられない
ですよね^^


・・・・・・・・・・・・・・・

お手頃サイズでお手頃価格の日本酒を集めています。
左の方にまとまってる720ml瓶のお酒は1200円均一です。
右の1800ml瓶のお酒は、知る人ぞ知る埼玉の神亀酒造の
ひこ孫純米吟醸になります。ちなみにお値段ですが、こち
らは、税抜き4900円(税込み5292円?!)になります。
「えらい価格の、置いてはるんやねぇ~」←こちらは、業
務用の需要でして、七条烏丸西入ルの「リド飲食街」にあ
る「じじばば」さん向けの在庫になります。当然、一般の
お客様にも販売可能ですよ~リンク先の記事にもあります
ように、35歳以上限定(笑)店内に置いてないんで、ご来
店の際は「ひこ孫ください」っていって下さると、出して
きますんで、よろしくお願いします。

で、大文字屋はと言うと、毎日日本酒を飲んでるですね。
ま、美味しいからという理由もありますが、日本酒に含ま
れる「α-EG」という成分が、真皮質のコラーゲンを増や
してくれるという研究結果が発表されまして、乾燥肌に悩
む51歳男性、身体をもって検証しております。

英勲 純米 720ml ¥1200(税込み1296円)
↑毎日90ml程度を飲んでいます。アテは、ミックスナッ
ツです。家で飲むなら、720mlくらいの瓶が、場所を取
らなくて扱いやすいですよね。

白鹿 純米 900mlパック ¥740(税込799円)
↑こちらも、よく飲んでいます。純米、ウマイですね^^ち
なみに、白鹿の上撰は、本醸造で、900円(税込972円)
です。普通、純米の方が高いんですが・・・仕入れの原価か
らすると、純米の方が安いので、こんな事になってます。

同機は不純ですが、毎晩「飲む口実」ができまして、夫婦で
機嫌よく飲んであります。

世界初。日本酒の成分α-EGが皮膚真皮層のコラー

ゲン量を増やすことを学術的に実証。

日本酒復権に弾み

↑金沢大学と天狗舞を醸す車多酒造の共同研究だそうです↑

意識して飲み始めて1か月くらいでしょうか。冬場の乾燥肌
で頬がカサカサだったのが、今年は、問題なしです。一応の
効果は実感できましたね。

そうそう、上の育毛に効く食品ランキングで紹介されてた食
品で、頭髪に効く食品の二位が毎日飲む日本酒と合わせてい
るナッツ類なんですよね。これは、全くの偶然でした。

同機はどうあれ、ニコニコ継続がチカラです。
良い習慣は、続けていきましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・

↑こちら、当店の契約農地です。今年もしっかり積雪してく
れました。当店のお米を育ててもらってる神吉盆地は、高原
の盆地で、神吉の手前の鞍馬山や百井、花背で雪が降ってし
まい、実は、あんまり雪深い環境ではないんですよね。

しかし、なぜ、そこそこの積雪が必要か?ですよね。

神吉は、高原で、低地よりはるかに害虫は少ないんですが、
全くいないというわけではありません。積雪が無い場合は、
害虫が土の中で越冬できてし舞うとの事です。そのため、
田植え前に殺虫成分の農薬の散布が必要になるんですって。

基本的に農薬は、年に一回だけ穂が出たのをいもち病から
守る目的で、神吉地区全体でラジコンヘリコプターをつか
って散布するのみなんです。そのため、冬場の積雪は、必
須なんですよね。今年も積もってよかったなぁ。

美味しいお米を少しずつ。量り売りで対応させてもらって
ます。

神吉こしひかり 白米 515円/kg(税込み)
神吉こしひかり 分ヅキ米515円/kg(税込み)
神吉こしひかり 玄米 513円/kg(税込み)

↑こちら、大文字屋のクックパッドで2017年7月に
投稿したレシピですが、総アクセス数3150回を超え
て、現在でも日に20~30回のアクセスがあります。

麻婆豆腐と言うと、コッテリした真っ赤な油が思い浮か
びますが、このレシピは、50歳(投稿当時)でも、全く
胃もたれしない内容になってます。かなり薄味なんで、
作られるのであれば、調節してくださいませ。手間と時
間の無駄遣いなレシピですが、お腹に優しい一皿です。



↑こちら、クックパッド全体のレシピです。大文字屋の
よりはるかに時短ですし、お手軽なんで、是非^^

・・・・・・・・・・・・・・・

↑こちら、黒豆と黒ゴマをじっくり煮込んでろ過した煮汁
を健康ドリンクとして販売しております。40歳のころから
飲み始めましたので、かれこれ11年ってトコです。

さて、11年経過してどんな効能が体感できたかと言うと、
髪の毛が抜けないのと、老眼になっておらず、40歳当時、
眼で0.09だった視力が0.5まで戻ったことでしょう。
近眼で老眼って、ホント悲しいですもんね。

で、こちら、3月1日が免許更新だったんですが、更新に
あろう事か、眼鏡を忘れる始末orz・・・

0.5まで戻ってるんだし、なんとかなるでしょ~と眼鏡な
しで受験しようと思い受付に聞いてみますと、0.7が下限
ですと!!

ま、両目で0.7なんで、
もしかすると、なんとかなるかも・・・

これも運命と裸眼で視力検査に臨みました。

なななななんと!!
0.7が出ておりました!!

黒汁、ありがと~~

晴れて、裸眼で運転できますよ^^

わ~~いX10000回

さて、視力は、ナントカなりまして、次は薄毛です。

抜け毛が無いのは、いいんですが、50歳を迎えた頃、剛
だった頭髪が柔らかくなり始めました。しつこい寝癖に悩
まされておりましたが、髪質が柔らかくなったので、寝癖
にならないんですよね。毎朝、セット、楽だわ~なんて気
楽なことを言ってまして、鏡に映る前頭部を見て、ビック
リです!地肌が透けてるじゃありませんか!

髪質が柔らかくなったのは、細くなってハリが無くなった
だけだったんですね。こりゃイカン!と髪の毛に効果があ
りそうな食べ物を調べると、卵黄に含まれる卵黄ペプチド
と言う成分が、一番効くとの事だったんで、毎日欠かさず
全卵2個を使った目玉焼きを食べ始めました。

これが劇的に効いて、2週間でハリが戻り始め、2か月経過
で、頑固な寝癖が復活しました。嬉しいのやら、めんどく
さいのやらですが、とりあえず問題解決です。





↑毎日目玉焼きを食べて、とりあえず薄毛問題から解放さ
れたわけなんですが、ワインと卵の相性が良すぎて、結局
食べ続けております。なんでしょうね、ワインとチーズみ
たいな感じでしょうかね。黒胡椒をたっぷりかけると、赤
インに感じるスパイシーな香りや、白ワインの柑橘系の
爽やかな香りと、ホント、ピタッとハマるんですよね。

ワイン有るけど、アテが無い。そんな時は、冷蔵庫を開け
てください。かなりの確率で卵はあると思われます。

焼いて、黒胡椒をたっぷり。ラクチンでしょ^^

そうそう、頭髪ボリュームアップのための卵料理となった
ら、絶対に加熱してくださいね。白身に含まれるアビジン
って成分が邪魔をしてくるんです。この成分は、熱に弱い
ので、加熱をすれば大丈夫なんですって。


・・・・・・・・・・・・・・・

今月は、こんなところで。

黒汁、効いてますよ~ 転ばぬ先の杖です。

40歳くらいの男性陣、いかがです?
ピントが合いづらくなってきたら、レッツ黒汁ですよ~

お得なケース価格は、お問い合わせくださいませ。



ワイン通販.COM selected by 大文字屋

2019年2月11日月曜日

日本酒を誘うアテ及びおついまみ

日本酒がすすみそうなおつまみ及びアテをまとめてみました。美味い酒には、気の利いたフードが欲しくなりますね。

日本酒・焼酎のつまみに♪たまご味噌

玉子、味噌、砂糖、酒と、使う材料も台所に常備されてる感じなので、すぐにできますよね。ゴハンもススみそう^^

アボカド、たこわさ、マヨネーズ、レモン汁を混ぜるだけです。これも、後ろ髪惹かれますねぇ~
アボカド、買ってこようかな・・・


オクラ、個人的に大好きなんで、こいつを推しておきます。


鰤のネギ照りマヨ焼き

寒い時には、やっぱりブリでしょう。魚自体の味付けには直接関係ないですが、ネギの千切りとシシトウも込みで作りたいですね。お酒もゴハンもススみます。


香味タレに内臓を使ってるあたりが酒飲み心をくすぐりますね。これ、作ってみようかな^^

これ、かなり気の利いたアテだと思うんですけど、どうですか?めちゃめちゃ個人的な意見ですが、キンピラ、このワードが、非常に酒を誘うと思うんですけどね~
使ってる調味料がシンプルなのもいいですね。

刺身用のアジのアレンジですが、ネーミングにヤラれました^^ 豆板醤を使うんで「混ぜちゃうじゃん」なんですが、「混ぜちゃう」と表記しなかったのは、なんでなんでしょうか??これも、お酒、ゴハン共にススム料理ですね。

マグロとアボカドのおつまみ
イイカンジのアボカドに出会えたら、作ってみたくなるレシピですね。一応韓国風ってなってますが、ルーツはハワイにあるみたいです。ハワイグルメ「アヒポキ」


クリームチーズのおかか和えの画像
お酒なら、クリームチーズですやん。これまた、めちゃくちゃ私見なんですが、クリチと言えば、清酒なんですよね~絶対白ワインより清酒です。燗でも、冷でも、冷酒でも。

アボカドのクリームチーズ詰めの画像
エライモノを発見しましたよ^^たしかに、ここにレモンを搾れば、味わい的なバランスは取れますが、「こうきたか」って感じです。鮮やかと言うか、大胆と言うか。

混ぜるだけ簡単!アボカドとしらすの梅ダレ和え!夏レシピ☆
アボカドが続きますが^^
「夏レシピ」と書いてありましたが、暖房の効いた部屋で食べてもいいのでは^^火を使わなくてもできるのがいいですね。

まだまだ出てきますが、キリがないので^^







2019年2月10日日曜日

2019年モトックス試飲会

伊・カステリ・デル・ドゥーカ ビアンコ 1250円 
リストに踊る「バリ・ウマ」の文字。新鮮なレモンやグレープフルーツの果汁ソノモノ的な味わいです。これは、買いかも。

伊・カステリ・デル・ドゥーカ ボナルダ ¥1250
ちょっと専門的なハナシです。ボナルダって、ブドウの品種の名前なんですが、絶対スペインワイン以外で聞くことの無い品種なんです。それが、イタリアのエミリアロマーニャ州に植わっているとは!←大文字屋的に、かなりビックリなのです。この衝撃を共有したいなぁ~どなたか、いかがでしょ??

伊・アッソーロ レッヂア-ノ ロッソ(赤泡) ¥1500 
これ、味わいは、全然問題ないんだけど、1500円ってのと、すでに販売してるカビッキオーリ ランブルスコとかぶるし、価格も1200円だし、仕入れない事にしますワ。


クエルチオーリ ランブルスコ セッコ ¥1050
なんと、店に有るのが辛口(セッコ)だと思ってましたが、セミセコ(中辛口の意)でした!!これ、仕入れなきゃです!!



クエルチオーリ ランブルスコ ロザート ¥1050
これも売ってます、が、甘口なんで、積極販売してません。在庫有ったっけ??冷蔵庫見てきましたが、無いですね。
仕入れようか、仕入れまいか・・・


伊・ドモード トレッビアーノ・ダブルッツオ ¥1000
リストに踊る「スバラ~」の文字!これは、ほんとに美味かった。イタリア語で「トレビアン」って聞いた事あるでしょ?素晴らしいって意味です。それが語源になった品種なんで、美味しくないワケがない。柑橘系の美味しさ全開です。
仕入れようかなぁ~


伊・エラ グリッロ オーガニック ¥1200
一つ上のドモード トレッビアーノが美味しすぎたため、悪くないのにもひとつ感全開な不幸なワインです。悪くないんだけどなぁ~1000円で、オドロキなワインの影にかすんでます。


伊・ドンナマルツィア シャルドネ 樽熟成 ¥1200
樽材由来のバニラ感がうまく表現されてます。バランスいいですね~


伊・ドモード モンテプルチャーノ ダブルッツオ ¥1000
さっきのトレビアンな白を作ってるワイナリーの赤ワインです。こちらも、リストに「スバラ~」の文字が踊っています。モンテプルチャーノってのがブドウ品種です。キツイ酸や苦渋が無い品種です。これは、ウマイ!仕入れようかな・・・

伊・エラ モンテプルチャーノ ダブルッツオ ¥1200
で、先ほどと同じような配列です。またしても影が薄い^^200円高くても、ドモードに負けてる感、強しorz...


伊・イル・プーモ ネグロアマーロ ¥1250
これの白は、すでに仕入れてまして、業務用でも店売りでも良く売れています。品種名の「ネグロ」が黒で「アマーロ」が苦いって意味なんですよ。という事は、黒くて苦い味わいなのか???なんですが、実際は、程よい苦味と渋さなんで、割と間口が広い気がします。価格的にもアリですし。


ドンナマルツィア カベルネ 樽熟成 ¥1500
これは、美味い!だけど、1500円・・・値段なり???
仕入れようかなぁ・・・やめようかなぁ・・・

仏・ベルフォンティーヌ 赤 ¥900
上手に作ってますね、コレ。でも、この価格帯だと、他の産地で、それこそバリ・ウマな赤ワイン、ありますし、これは、やっぱり仕入れないなぁ~


仏・ベルフォンティーヌ 白 ¥900
上の赤と同じ理由で、仕入れません。決してまずいと言うわけじゃないんですけどね~


仏・シャトー ジャノワベルヴューの赤と白 ¥1250
これ、どちらも在庫していますね。ボルドー地方のワインになります。赤は、カシスを思わせる果実味と、それを引き締めるセンス良い渋がイイカンジです。
白は、青々としたライムをお思わせるシャープな酸味が特徴です。すっきりさせたい時、たとえば揚げ物ですね。そう、牡蠣にレモンを搾って食べる時に飲むと、かなりイケてると思います。


西・アスル・イ・ガランサ 白 ¥1550
美味しいんですが、何か、ちょっと欠けてる感じ?1550円なら、もっと何かおまへんか??そんな感じで、仕入れないでしょう。悪くないんだけどね~


西・フィエスタ ¥1150
これも、悪くないんだけどな~なんだろ、仕入れようってスイッチが入らないんですよね~

西・アブリル・デ・アスル・イ・ガランンサ ¥1450
これも、悪くないんだけどね~仕入れようってスイッチが・・・


ルーマニア・ヴァイン イン フレイム フェテアスカレゲーラ ¥1500
これのシャルドネは、すでに仕入れて販売中です。舌を噛みそうなフェテアスカレゲーラってのがブドウの名前です。絶対初耳^^
味わいは、酸っぱいパイナップルって感じが一番伝わるかなぁ。これ、仕入れましょうか。


ルーマニア・ヴァイン イン フレイム シャルドネ ¥1500
こちらは、すでに業務用でかなりの数を売ってます。飲んだ感じは、すごく粘性を感じるんですよ。濃い目の果実味です。飲めば、ちょっとビックリできるかも^^


ルーマニア・ヴァイン イン フレイム ピノノワール ¥1500
試飲リストに踊る「ナイス☆ウマ~~」←ピノノワールらしいいサクランボやイチゴを感じる果実味がキュートです。これ、仕入れて売ろうかな^^


ルーマニア・ヴァイン イン フレイム カベルネ ¥1500
これは、すでに仕入れて販売しています。スパイシーな香りとカシスを思わせる酸味、空気と触れ合って柔らかく開いていく様は、カベルネソービニオンの教科書的な美味しさです。


ルーマニア・タマイオアサ ロマネスカ ¥1750
ヴァイン イン フレイムの一段上のラインナップです・・・が、大文字屋は、ヴァイン イン フレイムだけでいいですわ。あんまり、ルーマニアを広げるのもねぇ・・・

ルーマニア・プレミアム フュメ ¥1750
これも、同じ理由で、仕入れません。けっして不味いわけでなく、仕入れようとするインパクトに欠けるかなぁ~

ルーマニア・プレミアム フェテアスカネグラ ¥1750
これも、同じ理由で、仕入れません。悪くないんだけどなぁ~


西・レアルコンパニーア デ ビノス 赤 ¥1050
これ、、悪くないんだけど、コレコレ、これイケルわ~的なインパクトが無いんで、仕入れません。悪くないんだけどねぇ~


西・エグーレン ウガルテ ¥1350
これも、上と同じ理由で、却下です。悪くないんですけどね~


西・ティエラセレナ テンプラニージョレゼルヴァ ¥1350
リストにスバラ~の文字が躍るも、記憶にイマイチ残ってないんで、やっぱり却下です。


西・エルミータ サン ロレンソ レゼルヴァ ¥1350
これ、けっこうタニックな(渋いって事)ワインでした。なんだろ、仕入れようとする気持ちにならんなぁ~


チリ・プール・・マ・ギュール リースリング ¥1550
これは、かなりのインパクトがありました.リースリングって、品州の特性として、オイルっぽいニュアンスがあるんです。このオイルって燃料で使う石油のイメージです。専門用語で「ペトロール香」なんて言われてます。リースリングの特徴を知ってて飲めば、おお、面白い!ってなりますが、知らずに飲めば、確実にトラウマになるでしょう。こういう方向性のワインは、かなり当店向きなんで、当たり前のように仕入れています。是非どうぞ!!


チリ・デル・スール シャルドネ ¥1150
このブランドの別のブドウ品種は在庫してるんですけどね~悪くないんだけど、仕入れスイッチがね~


チリ・デルスール カベルネソービニオン ¥1150
これは、仕入れています。もう、わかりやすくチリのカベルネってこんな味わい。まさに予定調和な感じです。


アルゼンチン・メンドーサ マルベック クラシコ ¥1600
これ、ぜんぜん美味しくなかったです。却下。


ヴーヴ・デュ・ヴェルネ ロゼ ¥1200
これは、ウマイ!口に入った瞬間の柑橘の酸とイチゴを思わせる酸味が一緒に感じられました。これ、仕入れよう。


サンテロ ピノノワール ロゼ ¥1350
これも、仕入れ決定!口に入った瞬間の泡の強さに脱帽です。イチゴを感じさせる酸も、いいねぇ~


天使のアスティ←これは、イカン。不味いです。即却下。

サンテロ ブラックブリュット ¥900
これにはノックアウトされました。これぞ安ウマなワインです。グレーラ種という生産性の高い品酢を使うことで、原価を下げたそう。でも、全然安っぽくないんで、仕入れ決定です。

バルディビエゾ ブリュット ¥1100
これも、美味いなぁ~品種は、セミヨンとシャルドネのブレンドです。セミヨン特有のスモーキィなニュアンスもキチンと表現されてました。仕入れまっさ。




ヴーヴ・デュ・ヴェルネ ブリュット ¥1200

セレナ・グランキュベ スプマンテ EXDRY ¥1300
これも、即仕入れ決定です。泡の勢いも合格です。スカッとした柑橘感がナイスです。


サンテロ ピノ+シャルドネ スプマンテ ¥1350
これも、良くできてるなぁ~イチゴのキレイな酸味とグレープフルーツを感じる柑橘感がイイイカンジです。


ボルリード ブリュット ¥1400
これも、柑橘感がイイカンジです。仕入れますよ~ウマイは、これ。

フェウドアランチョ アックシッィ EXDRY ¥1500
これも悪くないなぁ。1500円どうしようか・・・

サンテロ アスティ セッコ ¥1500
せっこって辛口のはずなのに、なぜか甘さを感じる不思議なワインです。美味しいんだけどなぁ~あってもいい気がします。

モンサラ カヴァ ブリュット ¥1500
こえれも、抜群に美味しいんだけど、1500円・・・
悩ましいです^^


フロールス ッカヴァ ブリュットナチュレ ¥1400
試飲リストに「ド☆ナイス」と。これは、美味かった!仕入れ決定です。泡の強さも合格^^


セレナ プロセッコ トレヴィーゾ ブリュット ¥1600
これも、美味しい!でも、1600円・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

今回の試飲会は、泡の提案が厚かったなぁ。
1000円台前半までなら、当店の守備範囲だし、積極的に仕入れようと思います。