2018年3月19日月曜日

ル タン デジタンシラー

さて、この南仏のシラーも目玉焼きを合わせています。ワインに
目玉焼きって、あんまりメジャーじゃないみたいです。粒胡椒、
できれば、白、ピンク、グリーン、黒と色んな粒胡椒が混ざった
メランジュタイプをミルからゴリゴリとふりかけると、味わいの
構成がムルーチーズに似てくるんで、合わないわけが無いんです
けどね~  是非、お試しを。

初日は、シラーなんですが、なぜか、カシスの様なチャーミング
な酸が楽しめるのにびっくりでした。

これは、3日目かな??リブフィンガーがメインの具材のライス
ピザに合わせています。シラーって普通、注いで即は、ダラッと
した酸を感じないまったりした果実味なんですね。そこから空気
となじむと、極太の苦渋が爆発するんですけどね~
こいつは、極端な苦渋が無く、どちらかと言えば、バランスの良
い味わいなんですね。栓を抜いて3日たつと、果実の酸がぎゅっ
と締まって、味わいの密度を上げてくれます。同じブランドの
リニャンもですが、搾汁圧が高いので、抜いたその日より、一定
の時間が経過した方が、断然味わいの密度が上がって美味しくな
ります。 
こちらは、5日目??とにかく、果実の酸がしっかりしてるので、
あっ「酸がしっかりしてる」とは、決して酸っぱいという意味で
はなく、時間が経過しても、酸がボケないって事です。酸がボケ
るとワインの味わいの要素、甘さや、苦味、渋さなんかが散り散
りになって薄っぺらい味わいになります。酸がしっかりしている
と味わいの要素がしっかりまとまり、時間の経過とともに変化す
る味わいを「楽しめるワイン」となります。

これ、たぶん7日目。時間の経過とともに渋さの向こう側に現
れる花梨の甘さを含んだ繊細な渋が感じられ、なんともエレガ
ントな味わいに成長します。

ワインを抜いて、そんなに長い間時間をかけて飲んでられない
って声をよく耳にします。ならば、4本一緒に栓を抜いて、そ
れぞれのワインをじっくり時間をかけて、少しずつ楽しんでみ
てはいかがでしょうか??


ル・タン・デジタン カリニャン

南仏の強い日差しがよくわかるスパイシーな香りのワインです。
抜いた初日は、カシスを思わせるキュートな酸味も感じられ、
フルーティな印象ですね。
初日は、いつもの目玉焼きと合わせています華やかな香りと強め
の辛さが特徴のメランジェタイプのツボ呼称をかけています。ス
パイシーなワインの香りとぴったりきますね。


こちら、抜いて3日目くらいです。鶏肉と鶏レバーとベーコン
が入ったピザと合わせています。タンニンの向こう側にバター
を思わせるバニラっぽいニュアンスが出ていました。
搾汁圧の強いワインは、3日目にドカンとひらく印象です。で
きれば、数本のワインを一緒に開けてもらって、それぞれを少
しずつのんで下さって、過ぎゆく時間とワインの深まっていく
味わいを楽しんでくださいませ。


ソレイユ ド スッド750ml

こちらの画像は、抜いて5日目かな??初日の印象より果実の酸が
しっかりしてきて、複雑さも感じられるんで、やっぱり、この手の
搾汁圧が強い系のワインは、一定の時間が経過した方が断然ウマイ
ですね。

このワインも目玉焼きと合わせています。ワインとチーズって、必
ず合うでしょ??そんな感じの相性を玉子には感じます。玉子に胡
椒がかかると、その相性は、もう、鉄板に。黄身のまったりしたコ
ク感と舌触りに胡椒の華やかな香りとスパイス感が加われば、ブル
ーチーズの味わいの構成に近くなるのが、あらためてわかります。

こちらは、ジャーマンポテトのアレンジです。通常根菜類はレンチ
ンされるんですが、大文字屋は、圧力鍋を使って加圧で蒸しており

南仏の強い日差しを感じるスパイシーな香味のワインには、メランジ
ュのつぶ胡椒が似合います。

当たり前ですが、ピザとも合いますよ~


ラ・パッション グルナッシュ

いわゆる果実味満載の「フルーツ爆弾」的な元気な味わいのワイン
ですね。画像は、初日のグラスの様子です。搾汁圧の強そうな、果
皮の色素と油脂分が、しっかり抽出されてますね。

初日は、目玉焼きと合わせています。かかってる胡椒は、黒胡椒で
なく、白、ピンク、グリーンに黒と4色のつぶ呼称が混ざったメラ
ンジュタイプの物です。黒胡椒との大きな違いは、香りと辛さのシ
ャープさですね。黒胡椒単体だと、香りの華やかさも、辛さ事態も
おとなしいレベルなんですが、メランジュはフルーティさも感じる
香りです。辛さは、白胡椒100%とまではいきませんが、そこそ
ことんがった雰囲気になってます。

こちらは、毎週土曜日にやいているピザの具材です。鶏の首周りの部
分と鶏レバーに厚切りベーコンが入ります。特濃トマトジュースと赤
味噌にグリーンカレーペーストで味わいをまとめるんですが、レバー
や、ベーコンが入ると味わいに主張が出て、スパイシーなワインとも
良く合いますし、メランジュの胡椒との相性も良くなりますね。

この時のピザ生地は、普段食べているふかふか玄米1/2合に全卵2個を
入れたライスピザにしています。最後に茹でたアスパラを彩として載せ
ていただきます。
少し加えてるレバーとベーコンの味わいが、味わいに奥行きをつけてく
れて、スパイシーなワインとメランジュの主張強めな胡椒ともなかなか
の相性でした。
ワインは土曜日で、ちょうど抜いて3日目となっておりました。初日よ
り断然味わいの複雑さが増しています。特筆は、タンニンの向こう側と
言うべき繊細な渋が感じられる点でしょう。アフターに感じられる土壌
のミネラル由来の若干の塩っぽさもワインの味わいにはばをつけてくれ
てます。実に楽しめるワインですね~

2018年3月10日土曜日

末本様、新提案です、お待たせしました~

今回も、苦味、渋味強めな濃厚ワインをご紹介。


  
↑末本さんが一番お好きであろうカオール地区のワインです。
真ん中のカオールも、イケてますよ~


  
↑左のと真ん中のは、カオールがある南西地区のワインです。
エスプレッソの味わいがウマイと評価できれば、ハマります。
右のは、ローヌのワインなんですが、なかなかホネのある苦味
と渋味を持ってます。


↑初日は美味しくないんですが、2日目3日目と、美味しさ度が
上がっていくワインです。ワイン党にも投稿していますが、これ
きっと末本さん好みかと。高級な渋さですね。くれぐれも、2日
以上引っ張って下さい^^


 
↑左が、イタリアはシチリアのシラーズ、右は、チリのシラーズ
で、どちらもしっかりした渋さが光るワインです。これも、3日目
が特に美味しいワインです。
複数のボトルを開けてボチボチ飲んでね~



 
イ・バルジ ヴェネト IGT
↑これ、渋さに振ってませんけど、投稿で、美味しいと思います。
こういうのも、是非、一度お試しください。
きっと、アリやん!ってなると思います。


6本から送料無料です。いつものようにSNS割引300円適用です。