2018年5月2日水曜日

シャトー・ジャノワ・ベルヴュー ブラン

グラスに注ぐと、香ってくるのは青々としたライムの香
りです。口に含むと、ライムのシャープな酸味と、レ
モングラスのピリッとしたニュアンスが感じられます。

口の中でワインの温度が上がると、ライムのイメージ
だった酸が、柔らかなグレープフルーツの酸に変化し
ます。爽やかな印象の味わいですね。

商品説明ページに載せているレシピだと、まぁ、どの
レシピも合うんですけど(笑)餃子や無限ピーマンな
んかの野菜の青さを感じる料理がいいんじゃないかと
思います。

このワインも、料理と合わせたくなりますね^^

良く冷やして飲み始めてくださいね~




0 件のコメント:

コメントを投稿