2018年5月6日日曜日

フィンカソフェニア カベルネソービニオン

アルゼンチンのカベルネソービニオンです。
初日は、赤味噌+特濃トマトジュースで味付けしたタイの
アラです。アラの他には、ごぼうと人参が入ります。彩は
マスタードスプラウトです。
初日のカベルネは、まぁ、硬い。苦渋味の角が立った感じ
で、いい意味で飲みごたえ感があります。しばらく空気と
触れ合わせていると、少しだけまろやかな印象に。

2日目は、とんかつ用の豚ロースとゴボウ、人参、大根
ピーマンでオイマヨ炒めとしました、スパイスには、メ
ランジェの粒胡椒をかけてます。
それぞれの具材は、最適な調理法で単体で調理してから
最後に合わせる方法で仕上げました。敢えてゴロゴロに
切った根菜は、加圧で蒸しています。
2日目のカベルネは、注いで即だと、まだ硬い感じです
ね。でも、初日より、開くまでの時間が明らかに短くな
っています。

こちらは、鶏の手羽元の付け根、方にあたる部位で小肉
とか、肩肉とか呼ばれてるお肉をメインにオニオンスラ
イスに特濃トマトジュースでピザソースのベースを造っ
たピザです。
さて、やっぱり、ピークは3日目に訪れました。注いで
そくでも、かなりまろやかに。少し空気と触れ合わせる
と、明確に果実甘さが前に出ます。これは、シルキーで
すね。3日目、エエわ~

4日目は、赤味噌、ニンニク塩麹、オニオンスライスに
特濃トマトで味付けしたフィットチーネです。具材は、
厚切りベーコン、キャベツ、、シメジです。
4日目のカベルネは、さらに艶やかさが増した感じです。
味わいも安定してきましたね。3日目の印象と大きな違
いが感じられません。

どこまで、美味しいと評価できる味わいでいるのだろう
か。じっくり楽しんでいこうと思います。



0 件のコメント:

コメントを投稿