2017年11月10日金曜日

エチケット変更など


ボデガス・カリア マルベック+シラーズ が右のデザインに変更になっております。
インポーターに確認しましたところ、今までのエチケットは、地味で、少
し派手にしたいとの事で、こうなったとの事です。味わいの方向性は、大
きく変わっておらず、密度の高い果実感と、後に出てくるタンニンは維持
されてるとの事です。

こんな感じに焼きあがりました、見た目は、問題ないようですね。

こちらのパンが同梱させていただいた分です。焼いております具体的なレシピは
こちらになります。が、今回少しトラブルがございまして・・・

焼く工程でパンにかぶせる焦げ防止のカバーの内側に貼っている遠赤外線を発す
る黒いアルミホイルが破損してしまい、最初にかぶせるステンレスのボウルを最
後までかぶせて焼いております。
焼く途中の温度設定も若干ですが違っており、内層の水気がいつもの仕様とは少
し違っております。

こちら、本日の大文字屋のお昼です。残り半分を、強めのトーストで、食べてみ
ました。焼成温度の違いから、芯の部分が、生焼け状態になっていないかを確か
めましたが、問題ないようで、少しホッとしております。
オススメは、いつもよりトーストをやや強めに、長めにされた方が美味しいんで
ないかと思われます。

こちら、サービスの白ワインです。納品時はこんな感じに澄んだ状態です。

こちらが、底に沈殿している澱になります。頭を下にして持っていただき、
空いているての平に軽く「トントン」と打ちつけていただくと澱がワインに
溶け出してまいります。

底の澱が完全にワインに溶け出すとこんな感じになります。実際は、もう少
しオレンジ色に近い色調になっております。良く冷やして飲んで下さいませ。
きっと嗅いだことのない香りであり、ご存じない味わいだと思います。


いつもありがとうございます。

フェイスブックやっております。
新しく入荷したワインや、試飲会情報など発信しておりますので、お暇な折に
でもご覧くださいませ。

0 件のコメント:

コメントを投稿