2017年10月31日火曜日

シャトー ラ・グラーヴ・ペネ 750ml

3年前なら、確実に仕入れてないAOCボルドーのメルロー100%です。
しかも、このワイン、試飲会に出てたワインじゃないんです。ちなみに、
当店の値付けは、税込み1200円です。いわゆる「金賞受賞ワイン」な
んて言われてる「青臭くて飲めたものではない」味わいのワイン「でした」
ホント、3年まえなら「絶対仕入れない」カテゴリーです。

しかし、ここへ来て、去年の年末くらいからでしょうか、ヨーロッパ全体の
「美味しい」や「エレガント」って価値観が、大文字屋が理解できる果実味
推しに大きく、それこそガラっと音がするくらいに変化したんで、そこに期
待を込めて、試飲用に一本仕入れたワインなんです。

エチケットに10/15~と日にちめいた書き込みが解るかと思います。
これが、実は大事なんですよ。これ、栓を抜いた日付なんです。このボト
は10月15日に栓を抜きました。このワインは、結局8日間に渡って少し
ずつ飲んだんですが、ピークは、確実に3日目です。それ以前は、飲んだ瞬
間は「ウマイわ~」だったんですが、次の日に飲んでみると「あれれ?昨日
より美味しいやん!?」で3日目が前の日より確実に美味しく感じるんです。
4日目以降は、前日には感じなかった新たな味わいの変化があったりと、美
味しさ度は、変わらないんですが、色んな「味わいの展開」が感じられまし
た。記憶では、5日目当たりの味わいで、アフターに明確な花梨のニュアン
スを感じたことが一番印象深い変化です。

初日は、やや硬さが残る味わいでした。よくいつの変化を知らなければ、十
分満足のいく味わいですね。しなやかで美味しいとか表現するといんじゃな
いでしょうか。3日目は、濃厚な赤い果実を感じる味わいです、酸味がかな
り柔らかくなっています。これは、シルキーって表現したくなる味わいです
ね。

そうそう、このワインの保存状態ですが、24度を上限で、セラーなんかを
使わずに、部屋の片隅に放置です。空気を抜くバキュバンも使っておりませ
ん。一般のご家庭での保存に一番近い状態だと思います。

あんまり気を使わなくても、十分保存ができる、気軽なワインです。

ぜひ、ロングランで楽しんでくださいませ。日々の変化が楽しいワインです。


・・・・・・・・・・・・・
ワインをご注文下さると翌日トーストが最高に美味しい
↓こんなハードパン↓の半分カットが同梱されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ